毎朝、悩む。

今日のスーツ、シャツ、ネクタイ。

昨日、一昨日と同じネクタイはな~~~。

誰かを意識しているわけではないけど、オシャレに見られたい。

いつもおしゃれですねって誰かに言われたい。

だが、時間がない。

とりあえず近い日と違っていればいいだろう。

似合う似合わないは構ってる時間はない。

それよりも今日の朝一にしなければいけない仕事のことを考える。

そんな感じでなんとかコーディネート。

 

スティーブ・ジョブズが、いつも同じコーディネートなのは有名です。

なぜか。

面倒だったから。

コーディネートの時間がなかったから。

ではありません。

日々の決定事項を減らしたかったからです。

生産性が低下する原因は、1日に決定する数が多すぎるのが原因

「脳科学者は、生産性とモチベーションの低下は1日に決定する数が多すぎることが原因だと結論づけています」。

私たちは1日のうち、限られた数の決定しか行えません。

つまり、1日にできることは限られているのです。

限界に達すると、どんなに重要なことでも関係なくなります。

どうでも良いことと重要なことの区別が難しくなり、情報処理全てに疲れてしまうのです

life hackerに具体的にまとめた記事がありました。

ジョブズだけではありません。

アインシュタイン、オバマ大統領、FacebookのCEOマーク・ザッカーバーグなど、世界の成功者たちは、服を決めるという決定事項をなくしたのです。

 

だからと言って毎日同じ服着れますか?

そうなんです。

もしあなたが世界に名の知れた成功者であれば、毎日同じ服でもかっこいい。

ポリシーある。

そんなことまでして社会貢献しているんだ。

となりますが、果たして今の自分が毎日同じ服を着たらどうなるか。

想像するとバッシングが怖いです(笑)

ましてや営業職となったら上司から呼び出されるかもしれません(笑)

そこで、1週間、コーディネートが前もって決まっている。

さらに自分自身に似合う。

似合うだけではなく、オシャレ。

しかも、自分の魅力を最大に引き出してくれるコーディネート。

これなら、いかがですか?

時間も決定事項もない。

決められた通りに着るだけです。

決定事項はありません。

そしてその減った決定を仕事に活かしてください。

 

1週間コーディネートのモニター募集中です。

お問合せ

もちろん、時間のある朝や休日は、ご自身でおしゃれを楽しんでください。

決定事項ではなく、オシャレを楽しみ、人生を楽しむことも重要です。

そんなおしゃれのアドバイスもさせていただきます。

パーソナルカラー診断・骨格診断